業務効率を格段にアップできる飲食POSレジの秘密とは?

レジ打ちの様子

飲食POSレジを活用して改善できること

会計機能を備えた通常のレジは、飲食店の店先ではすっかりおなじみの存在です。しかし、最近は、あの見慣れたレジスター機の代わりに、飲食POSレジを導入しているお店が増えています。これは、POSレジを使うことによって、飲食店経営で改善できることがいろいろとあるためです。
例えば、POSレジを使うと、レストランなどでの売れ筋メニューや、お店を頻繁に利用してくれるお客様の属性、そうしたお客様が一度の食事にどの程度の金額を使うかといった情報をその場で記録に残すことが出来ます。こうした情報は、単回で収集してもあまり意味はなく、一定期間集め続けることで、より有意義な分析をすることが出来るようになります。その店舗でよく出るメニューが特定できれば、そのメニューに使う食材をその店舗に多めに配分することで、メニューの売切れによる機会損失を防ぐことが出来ます。また、常連客に一定の傾向がみられる場合は、その傾向にマッチした新メニューを導入することで、ヒット作が生まれるかもしれません。
POSレジは、バーコードを使って簡単に会計処理が出来るというメリットもありますが、そうした単なる便利さを超えて、お店の経営の方向性そのものに影響を与えるようなデータ収集・管理が出来るツールと言えるでしょう。

TOP